1. >
  2. 私の好みは・・・

私の好みは・・・

行きつけの美容院での出来事です。

いつもなら雑誌が3冊ほどカット台に置かれているのですが、

差し出されたのはタブレット端末でした。

「電子書籍にしたんです」と言われ、スタイリストさんに操作方法を教えてもらいながら初めて電子書籍を読みました。

その時に発行されている最新の雑誌のタイトルが全て揃っており、画面が綺麗で読みやすく、場所もとらなくて便利だなと思った反面、本はやはりページをめくるという所作があったほうが私は好きだなと感じました。

電子書籍の持つ可能性

これからどんどん増えていくであろう電子書籍ですが、収集癖がある私としては、どうしても紙媒体の書籍を選んでしまいがちです。

ただ、収納スペースも限られているので、いつまでも紙媒体の書籍を買い続けて保存しておくのは難しいと感じています。

特に漫画や雑誌などは毎月発行されたり巻数が多いものもあり、電子書籍でデータとして持っておくということも検討しています。

作者がいる限り、書籍の新刊は今後もどんどん出てくると思います。

より多くの本をいつでも手軽に見返せるという点で電子書籍の可能性は広がってくると私は考えています。

電子書籍で懐かし漫画発見!

電子書籍でいくつか漫画を読んだ事があります。電子書籍でしか読めないものから本になっているものまでありましたが、中でも嬉しかったのが、親世代からあり私自身子供の頃に読んだことのある懐かしい漫画を発見した事です。発見と言っても今は簡単に検索できますが、ただ、その漫画事態を忘れていた中で、何となく面白そうな漫画はないかとぼんやり見ている時に見つけた為、凄く嬉しかったのです。その懐かしい漫画は、恐らく古本屋へ行ってもなかなか見つからないのではと思います。他にも昔の漫画を探しては一気に読んだりと、懐かし漫画を楽しんでいます。

Amazonのキンドルを使った感想

主に漫画を読むことに電子書籍を利用しています。

最初は抵抗があったのですがAmazonのキンドルで無料の本をいくつか試しに読んでいるうちに「電子書籍で読むのも悪くはないな」と思うようになりました。

ただスマートフォンで見るにはやはり小さいです。無理なく読めるのは8インチくらいのタブレットかなと思います。

欠点として1ページずつ読むことになるので4コマ漫画や電子書籍で読むことを考えられた作品なら良いのですが、昔の作品など見開きページの多い漫画だと読むリズムが崩されて違和感を感じました。